ページの先頭です。
グローバルナビはここからです。

展示

6つの展示テーマ

展示テーマ1IoT

Sense, Connect & Drive

G17 GPS測位はクラウド/エッジ処理でまだまだ進化します!
  • クラウドGNSS測位アーキテクチャ PoC:コンセプトを具現化し、製品化・サービス導入を検討している技術 展示エリア

資料ダウンロード

  • 概要
      • GNSSレシーバの測位演算処理の一部をクラウド/エッジ上で行い潤沢なリソースを活用した高精度な測位を行います。
      • レシーバの機能を軽減し、低コスト化・省電力化を図ります。
      • コード測位、搬送波測位方式から要件に応じた最適な精度を提供する「マルチグレード測位」を実現。高速移動体はエッジ処理により対応します。
  • 特徴
    • 従来GNSSレシーバで行われていた測位演算をクラウド/エッジ上で行い、測位性能を向上します。
    • GNSSレシーバの低コスト化、省電力化を実現します。
  • 利用シーン
    • カーナビ、自動走行、配車システム、ドローン宅配
    • スマートフォンの地図ソフト、ナビゲーションアプリ・ゲーム
    • 精密農業、建機・重機の無人制御、測量
  • コラボレーションパートナー

    ライトハウステクノロジー・アンド・コンサルティング株式会社

    GNSS測位エンジンの開発およびMobile GNSS Field Data分析支援ツールの提供

  • 出展社

    日本電信電話株式会社

  • ドコモオープンハウス2018(別ウィンドウが開きます)
  • NTT研究開発(別ウィンドウが開きます)
  • NTTサービスイノベーション総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT情報ネットワーク総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT先端技術総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT技術史料館(別ウィンドウが開きます)
  • NTT技術ジャーナル(別ウィンドウが開きます)

Internet Explorerをご利用の方へ。レイアウトが崩れる場合は、IE8以上でご覧ください。

ページトップへ戻る