ページの先頭です。
グローバルナビはここからです。

展示

6つの展示テーマ

展示テーマ1AI

基盤技術

H19 各種業務の高度な最適化を実現します
  • メニーコア向け高速トランザクション技術 PoC:コンセプトを具現化し、製品化・サービス導入を検討している技術 Global 展示エリア

資料ダウンロード

  • 概要
      • IoTの進展に伴い、業務データが爆発的に増加、業務の効率化にむけて利用が進んでいます。例えば、Fintechや部品管理のバッチ処理では、整合性を担保したデータ処理が必要ですが、高速処理が困難です。本技術では、整合性を担保したうえで、1200万TPS/台の高速処理を達成、業務改善に寄与していきます。
  • 特徴
    • 最も強力な分離レベルを採用し、利用が容易
    • 144コアマシン一台で、1200万TPSの処理を実現(世界最速)
    • インタフェースは、キーバリューストアとして提供
  • 利用シーン
    • IoTやAI処理から発生するデータを用いた様々な業務効率化
    • Fintech分野での処理高速化
    • 部品管理におけるバッチ処理の高速化
  • 出展社

    日本電信電話株式会社

  • ドコモオープンハウス2018(別ウィンドウが開きます)
  • NTT研究開発(別ウィンドウが開きます)
  • NTTサービスイノベーション総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT情報ネットワーク総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT先端技術総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT技術史料館(別ウィンドウが開きます)
  • NTT技術ジャーナル(別ウィンドウが開きます)

Internet Explorerをご利用の方へ。レイアウトが崩れる場合は、IE8以上でご覧ください。

ページトップへ戻る