ページの先頭です。
グローバルナビはここからです。

展示

6つの展示テーマ

展示テーマ1AI

基盤技術

H15 GPUを効率的に利用可能な基盤を構築できます
  • 高速ディープラーニング学習基盤技術 Beta:製品化・サービス導入が間近な技術 Global 展示エリア

資料ダウンロード

  • 概要
      • OSSを利用したディープラーニングのための共用基盤です。ジョブスケジューラの導入により、GPU稼働効率を向上させています。
      • 研究所内で運用し、ノウハウの蓄積、性能改善に取り組んでいます。OSSコミュニティへの課題のフィードバックや蓄積したノウハウの外部展開を通じて、技術の洗練・向上を進めていきます。
  • 特徴
    • ジョブスケジューラの導入により高効率な学習環境を提供します。
    • 様々なディープラーニングフレームワークに対応します。
    • 利便性の高いOSSベースの基盤技術です。
  • 利用シーン
    • AIによる学習や推論のために大量のGPUを利用するロボティクスや製造業、コンタクトセンタにおける画像や音声のデータ分析
  • 出展社

    日本電信電話株式会社

  • ドコモオープンハウス2018(別ウィンドウが開きます)
  • NTT研究開発(別ウィンドウが開きます)
  • NTTサービスイノベーション総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT情報ネットワーク総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT先端技術総合研究所(別ウィンドウが開きます)
  • NTT技術史料館(別ウィンドウが開きます)
  • NTT技術ジャーナル(別ウィンドウが開きます)

Internet Explorerをご利用の方へ。レイアウトが崩れる場合は、IE8以上でご覧ください。

ページトップへ戻る